掃き溜め

@学ばない男

呑気ガルド擬き

サーフゴー@弱保or残飯

f:id:ikae_poke:20221128021246g:image

図太い 

格闘テラス

シャドボ テラバ わるだくみ 自己再生

 

弱保の時

実数値 191-58-160-153-116-104

努力値 H228 B244 D36

調整

H ステロダメージ減らすための16n-1

A イカサマのダメージを減らす個体値0

B できるだけ高く

D 特化サーフゴーのシャドーボール耐え

 

残飯の時

実数値 193-58-158-153-116-104

努力値 H244 B244 D20

調整

H 残飯の効率意識で16n+1

A イカサマのダメージを減らす個体値0

B できるだけ高く

D 特化サーフゴーのシャドーボール耐え

 

  • キノガッサに最大限安定させつつ格闘テラバで裏からくる悪タイプにも最低限打ち合える型
  • タイマンならディンルーや地割れのないヘイラッシャにも勝てたりする
  • ミミッキュがゲボカスに重いので裏は要検討

 

弱保のメリット

ラスタルきらなくても切り返し性能を確保できる点。食べ残しを他のポケモンに回せる点。テラスタルをいろんなポケモンに切りたい構築におすすめ。

 

残飯のメリット

場持ちが圧倒的に良くなり悪巧みで詰められる範囲が広くなる。弱保のように1回きりではないのでサイクル駒として使いやすくなる。弱保よりもテラスタル前提の動きになるが詰め性能とサイクル性能が増す持ち物。

 

 

個人的には残飯の方が評価高め

 

おわり

SVサブロム英語周回メモ

あくまで主観

 

SVは過去作で通用してた御三家をメインロムに移してレベル上げしてからサブロムに戻す手法を使うと言うことを聞かなくなるファッキン仕様に改悪されている。

 

それを加味して御三家はメタモンレイドある前提ならクワッス、ないならホゲータ

  • 自過剰クワッスが一番ストーリーで扱いやすい。パッチ落ちるメタモンレイドを出してもらえる環境なら最高効率。
  • 次点でホゲータ。専用技のフレアソングが強い。1体育てるだけで無双しやすいが、フィールドで雨が降ってたり、一番強いヌシが苦手タイプだったりで若干のタイムロス要素あり。とはいえメタモンレイドでアメを稼がず自力で進めるなら御三家の中で一番丸そう(完全主観) レイドある環境でホゲータ選んじゃった場合でも自過剰ギャラドスで代用効くかも。(未検証)
  • ニャオハは「うん…頑張れ…」って感じ。学校周回もだるくなるらしいしMな人向け。まあレベル差さえ有ればストーリークリア自体は問題無さそう。

 

基本的にはメタモンレイドでアメをもらってレベル上げてからヌシ5体全員倒してライドポケモンの機能を全開放してからジム→スター団の順で巡る感じで良さそう。スター団のレッツゴーバトルがジムと並行で行うにはちょいだるめ(手持ちが複数必要なため)だから適当にポケモン捕まえてジム巡りついでに経験値積んだ方がストレス低め。

 

チャンプルシティの選択肢

1個目 Gulilled riceball

2個目 medium 

3個目 Fireblast

4個目 lemon

 

ポケモンリーグ面接の選択肢(例)

  • 学校名

スカーレット→Naranja Academy 

バイオレット→Uva Academy

  • ジム

チャンプル→アオキ→ノーマル

Medali→Larry→Normal

 

その他思ったこと

  • 御三家は性格厳選しないでミント買った方が早い

 

思いつき次第適宜追加します

 

 

おわり

8世代思い出語りその③ ダブルバトル

その②ザシランド編

 

思い出語り第三弾はダブルについてです。あくまでシングル勢の視点からのダブルです。本業の方はお手柔らかにお願いします。

 

 

 

まずはダブルを始めた経緯から。

ダブルに手を出すきっかけをざっくり言えば切断バグでシングルに萎えてたから始めただけ。7世代の頃から付き合いのあるぎぎさんに「息抜きにダブルをやりなよ。」と誘っていただいた。ぎぎさんは頭おかしい構築(褒め言葉)を作るのに定評がある方で7世代で総合1位を取ったことがある方です。

そんなぎぎさんからとりあえずもらった構築がこれです。

f:id:ikae_poke:20221113022323j:image

上から

最速眼鏡イエッサン 最速珠ブリムオン

最速襷ドサイドン 最速スカーフコータス

普通のウォーグル 先制の爪ナットレイ

 

こんなふざけた中身だけどウォーグルでダイジェットしてるだけで勝てたので序盤〜中盤にかけてずっと2桁に居座ってた。そのせいで、もしかして「ダブル面白いのでは?」とよくわからない気持ちが芽生えた。実際スタンパ渡されてコツコツ練習するよりも一発芸構築をもらって勝つことの楽しさを味わったのは大きかった。

そんなこんなでこの後もいろんな構築をもらって練習してたら、ダブルを始めて2週間弱のINCでは1800まで行くことができた。

f:id:ikae_poke:20221112230935j:image

(あと1勝でJCSラインまで行けたので上出来中の上出来)

月末のランクマも最終44位でシングルより先に2桁を取れた。この時期にダブル転向も視野に入っていたためTwitter上にいるダブル勢をフォローし始める。

 

ダブル転向を考えるぐらいには楽しかったけどそれ以上にダブルのゲーム性が当時の僕には適していた。

この時感じたシングルとダブルの違いとしては

■シングル

  • 突き詰めれば交換、殴るの2択なので試合中に考えることが少ないが、前段階の構築作りとか選出とかが難しい。
  • 選出した3体で相手の6体に完璧に対応するのはどんなに完成された構築でも難しいので複数体のポケモンで相手の1体をやんわりと見る“ごまかし”という概念が介入してくる。
  • ダブルは多少不利でも攻撃を重ねれば強引な突破ができるためこの“ごまかし”が発生しにくい。

 

■ダブル

  • どの構築も明確なコンセプトを持っていることが多く、ダブルはやりたい動きを通せるかというゲーム性が強い。
  • コンセプトに沿えばとるべき選択肢が自然と見えてくるので慣れとか理解の要素が強い。
  • シングルもコンセプトをぶつけることには変わんないけどがダブルほど色濃く出ない。

※あくまで僕の感想です

 

今でこそ「ザシランド!」とか宣いながらサイクル構築を使っているが、7世代はバトン界隈(死語)出身だったのでコンセプトを通すパーティを好んでいた。そんなこともあってかシングルよりもダブルの方がやりたいポケモンの方向性がマッチしていた。実際ダブルの方が目に見えて結果が出てるし…

一応本業はシングルのつもりだったのでこのシーズン以降はダブルには手を出さずに制限鎧まではシングルをやってた。成績は良くて最終3桁で終わる。

 

それから制限鎧が来てシングルが好きなゲーム性ではなかったのでダブルを再開。

初月は自力で構築を組むも271位となんとも言えない順位でフィニッシュ。

初心者が自力で構築を組むよりも強い人の構築をパクった方が手っ取り早いことに気づいたので翌月にぎぎさんの構築をパクった。

そしたらめっちゃ勝てた(2回目)

f:id:ikae_poke:20221112235603j:image

f:id:ikae_poke:20221112235600j:image
※2ロムともリバティに載った

f:id:ikae_poke:20221113024630p:image

※14位の構築はぎぎさんの滅び偽装(各ポケモンの型が普通にあたおか)

 

この辺でシングルやるより本格的にダブル転向するか本気で考え始めて、小規模なダブルの通話窓にも加入したりしてた。

「自力で構築組めるけど3桁が限界のシングル」vs「自力で構築組めないけど順位はそこそこ良いダブル」の2択を迫られる。スタンパの練習をしようかなとも思ったけどとりあえず冠ではこれらの問題を先延ばしにする。

 

冠1シーズン目はビルドバトンが通じたためシングルをやったが2シーズン目にサンダーに勝てないことに気がつきダブルへ三度目の逃亡。

逃亡先では自力で構築を組むも最高130位最終485位と惨敗する。

 

その後伝説ルールでシングルはそこそこ勝てるようになったため自然な流れでダブルから離れてしまい今に至る。

 

ザシランドに出会うまではダブルに転向するべきかでずっと葛藤していた。どっちつかずの姿勢でやってたからシングルの上達も遅れたのかなと思ったりもする。シングルの成績が安定し出した今でもダブルの14位が自己最高成績で複雑な気分になっている。とは言いつつも実際問題としてシングルよりセンスがあるのは間違いないので8世代をダブルに捧げた世界線も見てみたかったりする。

ここまで若干マイナス寄りだけど、シングルだけやってたら繋がってない人とかいっぱいいたし、そういった意味ではやっててよかったとは思う。8世代の思い出の一つにダブルをやってたことは間違いなく刻み込まれている。

あ、あともし暇だったら「よく思いめぐらすこと ポケモン」とかで検索してみてください。ぎぎさんのクレイジーな構築記事が読めると思います。

以上よーく見直してみたら一切中身のない思い出語りでした。

9世代はとりあえずシングルやるつもりだけど、強そうな構築貰えたらノリノリでダブルやってると思います。(僕に構築投げるメリットなさすぎるけど) 一応待ってまーす!

 

 

 

おわり

8世代思い出語りその② ザシランド

その①構築共有編

 

初めに

8世代で1番の転機はやっぱりザシランドに出会えたこと。僕の8世代が詰まっていると言っても過言ではない。竜王戦始まって1シーズン目で原型を生み出し、強い並びと信じて使い続けてムゲンダイカップに出られるレベルまで自力で高めることができた。その辺の当時考えてたこととかその変遷を語りたいなと思います。

 

竜王戦ルール1回目

原案f:id:ikae_poke:20221109095545j:imagef:id:ikae_poke:20221109095542j:imagef:id:ikae_poke:20221109095555j:imagef:id:ikae_poke:20221109095547j:imagef:id:ikae_poke:20221109095552j:imagef:id:ikae_poke:20221109095550j:image

f:id:ikae_poke:20221109095824p:image

そもそもの成り立ちは身代わりザシアンから。

有利対面を取った時の制圧力こそがザシアン最大の強みと考え、対面的に動かすよりも対面操作を絡めたサイクルで真の力を発揮すると考えた。有利対面を取った際の引きにも突っ張りにも対応できる強い選択肢として身代わりを採用した。竜王ルール開始1週間でHAザシアンに辿り着き、その後一生擦り続ける。

HAザシアン案 - 掃き溜め

HAザシアン自体は同時多発的だから起源ではないけど誰を参考にしたとかは特にないので完全オリジナル。

 

対面操作役には種族値的にHBランドロスとHBサンダーの2体をあまり深く考えずに選択した。本当になんとなくなのでランドがオボンを持っている。当時の環境はザシアン、イベル、オーガの評価が高くダイマイベルとスカーフオーガに対する切り返しが欲しかったためそれらに強く動けるチョッキパッチラゴンを採用。あとはメタモン対策にドヒドイデ、黒馬対策にポリ2を採用。とりあえず試運転をすることに。

 

S15最終日

【剣盾S15シングル】蒼薔薇サイクル 最高最終レート2012(最終176位) - ラッキーのちプレミ

f:id:ikae_poke:20221109101415j:imagef:id:ikae_poke:20221109101413j:imagef:id:ikae_poke:20221109101421j:imagef:id:ikae_poke:20221109101417j:imagef:id:ikae_poke:20221109101423j:imagef:id:ikae_poke:20221109101510j:image

最終日付近にゲロゲがめちゃくちゃ流行ったことで対抗手段が欲しくなったためよくわからない緑色のポケモンが構築に入ってきた。

黒馬に攻撃的に切り返したかったので眠るGファイヤーを採用したが黒馬との対面ではきのみを食べないらしい。(ギャグかな?)

この辺でA特化ザシアンのリーチの長さに気づいて身代わりから電光石火を採用。他の記事を読んでも石火だらけだったので自分の直感は間違っていなかった。

ただしこの時は構築の練度が低く176位フィニッシュ。ぶっちゃけそこそこレベルな構築だった。

 

S17

【剣盾S17シングル】蒼響ラストダンス 最高最終レート2020(最終61位) - ラッキーのちプレミ

f:id:ikae_poke:20221109101415j:imagef:id:ikae_poke:20221109101413j:imagef:id:ikae_poke:20221109101421j:imagef:id:ikae_poke:20221109102136j:imagef:id:ikae_poke:20221109102149j:imagef:id:ikae_poke:20221109102152j:image

4つの革命が起こった。

1つ目はランドの持ち物変更

オボン→ゴツメになったことでランドを出して腐るという場面がなくなった。オボンよりも発動条件が緩いためいるだけで生存しているだけで強い特性である威嚇と合わせることで場にいても強く、場にいなくても強いポケモンになった。

2つ目はスカーフ悪ラオス

サイクルチックな構築だったため襷を採用する気にならずにウーラオスを敬遠していたが、るーさんがキャスで使っていた悪ラオスを見て、これならサイクル加入できて自分自身をフィニッシャーに持っていけると感じたので即採用。

オーガサンダーナット+ダルマのような構築に対してストーンエッジダイマックスで選出択が解消された。襷バドに対しても蜻蛉→強打で襷とは違い不意択をしなくて済むところも構築の穴埋めとして最適解に近い存在だった。

3つ目はミロカロス

ドヒドイデではネクロズマに対応できないため必死にポケ徹と睨めっこしながらたどり着いたポケモン。構築に詰ませと受けの要素を加えられたことで立ち回りの幅が大きく広がり、不利構築が目に見えるほど減った。

4つ目は環境トップに強い動きが見つけられたこと

【S17振り返り】ザシランドパッチ - 掃き溜め

この記事でも語っているが流行していたザシアン+珠サンダー+カバorラグに対してランドで場を荒らしてサンダーに無理矢理ダイマを切らせてパッチで捌けば勝てることに気づきレートを盛ることができた。

たまたま使っていた並びが環境上位に強かっただけで自分から見つけ出した訳ではないため今後に繋がる再現性があるのか問われると諸説。ただし、これに気づいたことで竜王戦ルールはそこそこ戦えるルールであることに気づいた。

初2桁だったため61位で保存したが悔いはない。

 

ダイマ無し竜王

【剣盾S21シングル】蒼響のアステリズム 最高最終2119(最終38位) - ラッキーのちプレミ

f:id:ikae_poke:20221109104452j:imagef:id:ikae_poke:20221109104449j:imagef:id:ikae_poke:20221109104638j:imagef:id:ikae_poke:20221109104455j:imagef:id:ikae_poke:20221109104458j:image@1

ダイジェットに頼るような構築ではなかったためダイマ無しでも基本形は変わらないと考え、ダイマありの頃から使ってたサイクルパーツであるザシアンランド悪ウーラミロカロスは続投。パッチラゴンだけは崩しを求めていたためダイマに依存した性能をしていた。そこでダイマをしなくても崩しができるポケモンを考えた結果、みらいよちに行きつき、下馬評最強だったムゲンダイナにわかりやすく強いガラルヤドキングを採用した。なんと、この時点でまだシーズンが始まっていない。シーズンが始まる前からほとんど構築が完成してた稀有な例。

シリーズ10構築案 - 掃き溜め

↑記事を出したのは7月だがダイマ無しシーズンは8月から

お陰で1ヶ月全てを立ち回りの練習と@1を考える時間に割くことができた。最終順位こそ後述のザシキュレの方が高いが途中の過程では間違いなくこの構築の方が強かったしこれがザシランドの完成形だと思っている。

f:id:ikae_poke:20221109134146j:image
f:id:ikae_poke:20221109134150j:image

終盤まで2ロム1桁だったし勝率も高めで完全に仕上がっていた

ここからは具体的な1ヶ月の内容を覚えている限り綴っていきます。

 

上旬

序盤元気しまくって周りに強い構築だと言うことをアピールしてからバシャ窓にレンタルを貼って自然と構築共有する流れになる。この時の@1枠はポリゴン2と万能傘ブラッキーだった。

ポリ2

オーガと黒馬に1回以上は動けるがオーガに受け出しが効かない点が気になった。

ブラッキー

オーガと黒馬に受けが成立するがステロがないため受けてからやることがないため構築にフィットせず。

 

中旬

バシャ窓内でヤドキング派閥とラティアス派閥で分かれる。ケロケロさんが癒しの願いラティアスを考案したことにより構築の選択肢が多様化した。この時の@1枠はマンムーとレジエレキ。

マンムー 

構築単位でサンダーが重かったので採用。噛みつくを採用することで黒バドも縛れるようになる。ただし水ウーラと同居することが多かった当時の黒バド入りに強いかと言われると諸説だった。

レジエレキ

ダメ押しを入れることでオーガ、黒馬、ザシアンを全て上から縛れる。大爆発+ザシアンの特化じゃれで無理矢理ヌオーを崩したり立ち回りの幅は広がったため最終候補筆頭だったが共有相手には口を揃えて弱いと言われる。

地面タイプに向かって爆発するだけのおもちゃ - 掃き溜め

 

終盤

ルーシィさんの提案で@1枠がAキュウコンで固まる。これにより構築の穴が大体埋まった。

というわけで最終的にこんな並びになった。

f:id:ikae_poke:20221109141616j:image

立ち回りが占める比重が大きかった構築なので今だと上手く扱えないのと、今更だがサンダー対策でザシアンの石火を剣舞にするべきだったと思ってる。

2ロム2100を達成できたが、以降はHBサンダーに苦しめられダイマ無しルールでのザシランドは解散となった。

 

竜王戦ルール2回目

自分の中ではザシランドパッチでほぼ完成されていると考えていたため構築をブラッシュアップすることに注力した。

【剣盾S25シングル】電光ザシランド 最高2004最終2000(最終138位) - ラッキーのちプレミ

f:id:ikae_poke:20221109142219j:imagef:id:ikae_poke:20221109142217j:imagef:id:ikae_poke:20221109142224j:imagef:id:ikae_poke:20221109142222j:imagef:id:ikae_poke:20221109142229j:image(f:id:ikae_poke:20221109142259j:imagef:id:ikae_poke:20221109142227j:image)

明確にやることがなかったのがポリ2だったのでダイマ無し竜王同様にラス1枠を考える作業に移った。

最終的にはラグサンダードラパや黒馬絡みが重かったため控えめラムサンダーになった。一発芸寄りでサイクル適正も低いので採用を若干渋ったがパッチラゴンとサンダーの強力な圧力によって相手の選出を弱くできることに気付き構築が完成する。

最終日にラキヌオー+イベルorゼルネが流行したことにより刺さりが悪くなったため2桁後半しか取れなかった。残念。

 

禁伝2体

シーズン30

【剣盾S30シングル】リトライ!ザシランドパッチ 最高最終2003(最終98位) - ラッキーのちプレミ

f:id:ikae_poke:20221109150559j:imagef:id:ikae_poke:20221109150557j:imagef:id:ikae_poke:20221109150602j:imagef:id:ikae_poke:20221109150606j:imagef:id:ikae_poke:20221109150604j:imagef:id:ikae_poke:20221109150609j:image

ルール開始から3シーズンはランドではサイクル回らないと諦めてホウオウダイナとかザシオーガとか握ってた。ザシランド以外で勝てた試しがないので案の定勝てなかった。

9世代まで冬眠しようか考えていたタイミングでともさんのザシバド+バンギランドの構築記事に出会いザシランドの動きができることに気づいた。そこから自分が使いやすいように取り巻きのカスタマイズを始めた。

 

パッチラゴン

原案だと珠サンダーだが使い所がわからなかったため明確に崩しの意図を持ったパッチラゴンを採用した。最初は自分でも強いかどうか半信半疑だったが大会で優勝したため自信に変わる。

ガマゲロゲ

原案だとラッキー。受け一辺倒のポケモンが苦手なのでカイオーガに攻撃的な切り返しができるゲロゲを採用した。一生オーガ来るか来ないかじゃんけんしてたので選出が固まらないという点で諸説ある駒だった。

朝5時に3ヶ月ぶりの2000達成も1850スタートだったため体が限界を迎え撤退。2ロム用意できてればもう少し潜れたかも。

 

シーズン32

翌月のポケリーグに備え一応潜った

原案

f:id:ikae_poke:20221109150559j:imagef:id:ikae_poke:20221109150557j:imagef:id:ikae_poke:20221109154142j:imagef:id:ikae_poke:20221109150606j:imagef:id:ikae_poke:20221109150604j:imagef:id:ikae_poke:20221109150609j:image

ジガルデ絡みに構築が薄く、崩し枠に限界を感じたためパッチラゴンから水ウーラに変更。

ウーラに変えたところパッチラゴンの方が強いなと思う場面しかなかったのとザシバドが流行りすぎてメタがきつく、引き先を用意するタイプの消極的なザシバドだとパワーが足りず動かしにくかったため水ウーラをパッチに戻し禁伝を変更することに。

 

改案

f:id:ikae_poke:20221109154627j:imagef:id:ikae_poke:20221109154624j:imagef:id:ikae_poke:20221109154629j:imagef:id:ikae_poke:20221109154631j:imagef:id:ikae_poke:20221109154636j:imagef:id:ikae_poke:20221109154634j:image

ルギアとジガルデに露骨に強いつららばりを採用したスカーフ白馬を採用。白馬だとザシアンが重すぎるので立ち回りの幅を出すためにバンギからガエンに変更。オーガに強いままトリルっぽく見えそうという理由でゲロゲからナットに。

 

使用感

ザシアンより遅いスカーフ枠は流石に使いにくい!!

 

最終形

【剣盾S32シングル】白炎ザシランドパッチ 最高最終2027(最終22位) - ラッキーのちプレミ

f:id:ikae_poke:20221109154627j:imagef:id:ikae_poke:20221109154624j:imagef:id:ikae_poke:20221109154629j:imagef:id:ikae_poke:20221109155119j:imagef:id:ikae_poke:20221109154636j:imagef:id:ikae_poke:20221109154634j:image

白バドより速いという理由だけで仕方なく白キュレムを採用。立ち回りに魂こめる必要はあるがザシバドに勝てないこともなかったのでこれで最終日に挑んだ。

キュレムが弱いと愚痴り続けたが何故か2000+2勝できて最終22位フィニッシュ。構築的にはS30のザシバドの方が絶対に強いが環境との噛み合いでジガルデとルギアをカモったお陰でレートを盛ることができた。

なんだかんだで白キュレム入りの構築では歴代で一番順位が高かったらしい(ぶっちゃけ誤差)

 

全解禁

f:id:ikae_poke:20221109154627j:imagef:id:ikae_poke:20221109154624j:imagef:id:ikae_poke:20221109155836j:imagef:id:ikae_poke:20221109155852j:image@2

ポケリーグの配信卓で見た8luさんの構築に感銘を受けて即パクった。あとは自分なりに解釈して構築をチューニングして完成。本家は対面的な動きも多用していたが僕は引き先を作る動きに固執してたためディアルガと黒バドの引き先が作れず死亡。好みの構築だっただけに残念だった。一応ムゲンダイカップは勝ち越し。

 

内訳

全ルール合計で12シーズン使用(15,17,21,22,24,25,26,30,31,32,33,35)

2000達成7回(15,17,21,25,26,30,32)

最終2桁5回(17,21,26,30,32)

オフ

第2回LiBornOFF ベスト8

葉桜夏の陣 ベスト8

ポサシングルオフ3位

第2回時渡り準優勝

 

後語り

ルールがコロコロ変わる8世代で1つの軸をここまで煮詰めたプレイヤーは他にいないんじゃないかなと思うぐらいにはザシランドを擦り続けた。周りがルール変わって1つの構築を使い続けられないと嘆いてるなかでここまで使い続けることができたのは幸運だったと思う。ここまで擦り続けても他所では一切流行らなかったのは逆に面白いけど、本当に自分だけの並びだと思えばいいことなのかも。

9世代はどうなるかわからないけどまた同じ構築を煮詰めて強い構築へと昇華させるポケモンをしたいな〜とは思ってる。いくつも構築が作れるほど器用じゃないしね。

くっそ長くなったけどザシランド編は終了です。次はダブルバトル編でお会いしましょう。

 

 

 

おわり

 

TN候補

イカ

HNとTNが一致しないヤツはキモい的なこと誰かが言ってたし僕も同意

 

・Scar/let

スカーレットだし最終日に永遠リピートするような大好きな曲。8世代でも使う機運があったが温め続けた。

youtu.be

 

・エイナー

ronieを反対から読みeinor

英語TNほどキモくないし由来を知ってたらなるほどと思ってもらえる要素を仕込める

メインに採用されなくてもどこかでは使う予定

 

・ツキガケ

f:id:ikae_poke:20221107151645j:image

 

イカエ以外SAO関係で草

 

おわり